BLANK BLOCK

BLANK BLOCK

Blogブログ

2022年:11/12 / 2/27 / 2/19
2021年:12/17 / 11/11 / 11/9 / 5/8 / 2/8 / 1/9
2020年:12/31 / 12/26 / 12/15 / 11/10
それ以前のBLOG

2022/11/12

『のっぺらぼうと天宿りの牙卵』商業出版されます



本日のブログは、 告知 です !!
既に上記画像にも記載したとおりですが、
『のっぺらぼうと天宿りの牙卵』商業出版決定でございます〜!!!
ご縁がございまして、素敵な和風あやかし系ライト文芸を多く刊行されている、マイクロマガジン社ことのは文庫様より刊行される運びと相成りました!
うわ〜〜〜!!!やった〜〜〜!!!!!やっと言えた〜〜〜〜〜!!!!!
今年の五月末日に出版社の方からお声がけいただきまして、それからずーっと秘密裏に本編の加筆修正を進めていまして…、でもその時点では出版社さん社内での稟議が下りていなかったりして、創作関係の友人に会う機会があっても未確定要素が多くてなんも言えんくて…、いや別にそんなあちこち言いふらすことでもないんだが…、「最近執筆活動はどう?」とか聞かれる度に隠し事してるみたいでもだもだしておったので…

はあ〜!すっきりした!!!←

と言っても、出版日未定・装丁関連未定・タイトル変更可能性あり…という、「それ実質なんも決まってないってことでは?」「マジで出版されるのか?」みたいな状態なんですけど、とりあえず出版社さんからはもう告知していいよ〜と言っていただけたので告知してみました。
多分きっと来年には出るんじゃない?みたいな感じですが、稟議は通ったって!!編集長が!!言ってたので!!!信じてます!!!
(この先、万が一にも「やっぱ出版なしね」とか言われたら、一緒に泣いてもらっていいですか?????)

自分の書いた本をいつか書店に並べてみたいな〜という漠然とした思いはずっとあったので、今回、めちゃくちゃ大変ありがたい機会をいただくことができて、本当に幸せだな〜と思っています。
それもこれも、本作に目をかけてくださった皆様のおかげです。本作を長いことイベントで前面配置していたのも、続編まで書き始めてしまったのも、ひとえに皆様の応援あってこそ。
そしてなにより、創作モチベ上げまくりの素敵な表紙を書いてくださった匙於ナゲルさんのおかげだな〜〜〜と、感謝の日々です。

とはいえ、「出版」という機会を頂いただけのことなので、これが私の人生にとってどの程度のインパクトを持つ出来事になるやら…。
たくさん売れてとびきり大きな出来事になるといいけどな。そこはわからんね。笑
全然売れなくて出版社さんが在庫持て余してしんどい思いをするような事態にだけはならないといいなと思っているマジで。

ひとまず、「自分が書いて楽しいものを書く・なるべく読んでくださった方にも楽しんでいただけるように書く」というスタンスは曲げず、これからもマイペースに創作活動していけたらいいな〜と思っております!
今後も今まで通り、温かい目で見守っていただけたら嬉しいです。

同人版との差異はあるの?

かなりたくさん加筆修正しておりまして、字数ボリュームで言うと、商業版は同人版の1.4倍位になっております。
ストーリーの大筋は変わりませんが、あの人の心理描写が掘り下げてあったり、あの人の出番が激増していたり、色々と異なる部分もありますので、同人版既読の方にも楽しめる内容になっているのでは…ないかな…!?!?!?

牙卵のシリーズはもう同人では出さないの?

その辺は好きにして良いそうなので、同人版も引き続き販売予定です!
特に!弐の下!!!絶対出しますので引き続きどうかお待ち下さい…!!!!!
元々弐ノ下で完結のつもりだったので、参が出るかは不明ですが、気が向いたら書くかもしれないです。ネタはまだ結構たくさんあるんだ。
そこは出ても出なくても、商業版の成功如何とかとは関係ないです。

牙卵の2巻(上下)も商業化するの?

今回出す本(便宜上1巻とします)の売れ行き次第では出版社さんからお声がかかったりしないかなあ〜どうかな〜〜ことのは文庫さん〜〜どうですかね〜〜〜!?と心のなかで一方的に期待したりはしていますが、今のところ予定はありません。
とりあえず1巻がたくさん売れたらいいなって!!!!!思ってる!!!!!

同人活動はやめるの?

やめないです。私のホームはここなので。
BOOTH:畳まないです。
イベント:今まで通り参加します。(本業が忙しくなる雰囲気なので、頻度は下がるかもしれないです)
既刊:引き続き販売します。販売終了タイミングも、今まで通り「私が満足したら」です。
新刊:今まで通り、何か書けたら出します。

その他

よかったら!!!!何卒!!!!!応援していただけると嬉しいです!!!!!
あとなんか、今後私が調子に乗ってたら、「おまえ最近調子にのってんぞ」って言って〜〜〜〜〜諭して〜〜〜〜〜〜〜できれば優しくばしっと指摘して〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!
(調子乗ってる醜態だけは長く晒したくねえ〜〜〜!!!)

そんなわけで、今後ともよろしくお願いしますっ!!!!!

2022/02/27

外つ国のゲンマWeb公開開始



『鳴き沙のアルフェッカ』に引き続き、『外つ国のゲンマ』のウェブ公開を開始しました。
現状在庫も残り2冊となり、増刷するか迷ったのですが、アルフェッカも終売としたのでそろそろいいかな…と。
今後、アルファポリスさんやカクヨムさんなどのお世話になることもあるかもしれないですが、ひとまず当サイト内にて公開させていただきます。

当サイト内ページ

なんだかんだと考えて、結局自サイト内での公開が一番気楽だなと思って…。
(今どき、HTMLで簡単にルビが振れるんだな〜と思って感動してしまった)

社会情勢を鑑みてどうとか…というほどのものではないのですが、『外つ国のゲンマ』を執筆した際、参考にさせていただいた国々が渦中にあるのを見て、なんとなく、今公開したい物語だな…、などと思うに至った次第です。
我々も決して対岸の火事とは思えない今日このごろ、こんなこと↑を言った後でなんですが、大きな武力衝突ののち、さらなる血を流さないために奔走する人間の『ひとつの物語フィクション』として、楽しんでいただけましたら幸いです。

同人誌版総括

頒布開始:2018/08/19
発行総数:252冊
頒布数:238冊(本日時点)
頒布イベント数:12回
イベントでの頒布率:61%
通販での頒布率:39%

こちらも、大変思い出深い作品となりました。
頒布数こそアルフェッカより少ないのですが、いただいたご感想の熱さ/厚さが比でないものも多く、皆さんに深く味わっていただけた作品になったのじゃないかな、なんてうぬぼれています。
本編以外では、ひとまず『帰郷』という番外編のみ掲載させていただきましたが、それ以外についてもそのうちどこかしらに掲載したいなと思っておりますので、その際も、よろしければお付き合いくださいませ。

2022/02/19

COMITIA139&NEOKET2参戦!



こちらでの告知が遅くなりましたが、2/20に開催されるCOMITIA139と、2/20-2/23の間に開催されるNEOKET2に参加します!
新刊はありませんごめんなさい…。
モチベーションの下がることなど諸々あって…しばらく沈んだりもしましたが、ちょっとずつ書いてはいるので、もうしばらくお待ちいただけますと!幸いです!!!

気を取り直して!

COMITIA139

ブース:M03bにてお待ちしております!
今回は久しぶりに東京ビッグサイト東4・5・6ホールでの開催となりますので、皆様どうぞご注意ください。

NEOKET2

公式ページ
今回、Pixivさん主催のオンラインイベントにも参加させていただきます。ブース:F18です!
開催期間中(2/20-2/23)、コアタイムでもある19:00-21:00はなるべくログインしておくつもりでおりますので、よかったら遊びに来てください〜!
※一般参加無料・Pixiv IDが必要です。(vRoidHubのIDを聞かれるページで、Pixiv IDを入力する)
こういうバーチャルイベントって、今まであんまり興味がなかったのですが、NEOKETさんにはたぶんコロナのせいで多くの人が忘れかけている、「新しい刺激に触れるワクワク感」がある!と私は思う!!
ぜひワクワクを楽しみに来てください〜〜〜!!!
ちなみに私のブースに来るには、F島にワープ→Shiftキー+右矢印キー+下矢印キーで走ってもらうのが一番見つけやすいかと思います。
(でもぜひ色んな所をきままにふらふら歩ける、「リアルなイベント感」を楽しんでね^^)

こんな感じでお待ちしております〜♪

2021/12/17

鳴き沙のアルフェッカWeb公開開始



『鳴き沙のアルフェッカ』、ウェブ公開を開始しました。
Amazonの代行販売サービスさんに委託したまま返却してもらえていない在庫が9冊ほどあるのですが、それ以外の手元在庫は残り1冊となり、現状増刷の予定もないので、ちょっと載せてみようかなと。

現状、アルファポリスさんとソナーズさんの2拠点で掲載させていただいております。
既に完売となっている外伝、『風浪のヌサカン』もあとに続く予定です。
(関連作『外つ国のゲンマ』はまだ未定)

アルファポリス

作品一覧ページ
現状、第一章まで公開済み。本日より毎日20:10に、1000~2000字くらいずつ掲載されるように投稿予約してあります。
年明けの1/9までで全編公開となる予定です。
特に居心地が悪くなければ、このままずっと掲載しておくつもり。

ソナーズ

作品一覧ページ
現状、第一章まで公開済み。本日以降も章ごとに、毎日どかんどかんと掲載していきます。
こちらは最近できたばかりの小説投稿ツールで、まだ色々と使い勝手がわからなかったり、使える機能がかなり限られていたりするのですが、新感覚で読者さんの足跡を感じられるので、とっても楽しんで使用させていただいております。
お試しの気持ちが強いですが、当面はこちらにも掲載しておくつもりです。

当サイト(2022/2/19追記)

当サイト内ページ
色々と考えた結果、結局自サイト内での公開が一番気楽だな〜と思い、サイト内にも掲載しました!

同人誌版総括

頒布開始:2017/11/23
発行総数:287冊
頒布数:267冊(本日時点)
頒布イベント数:16回
イベントでの頒布率:67%
通販での頒布率:33%

いやあ、本当に…。本当に思い出深い作品になりました……。

同人誌制作は2014年に『つるぎの葉』『蛙と象』で経験してはいたものの、当時は頒布数も少なく、イベントに一度出たら満足という感じでしたので、『鳴き沙のアルフェッカ』は私にとって、イベントで大々的に頒布した初めての同人作品となりました。
これを機に、活動の主軸をウェブから同人に切り替えたわけなのですが、「名刺代わりになる作品を作ろう」というコンセプトのもと、一冊完結で且つ存分に性癖の詰まったものを、と思いながら制作した日々が、つい昨日のことのようです。
表紙・扉絵作画のホジョイさんにも励まされつつ、この作品を通して沢山の方と出会い、いろんな挑戦をさせていただけました。

ウェブ小説界隈はなんだか随分雰囲気が変わってしまって、ウェブ公開を始めてみても、正直古巣に返ってきた気持ちは全然味わえていないのですが、だからこその新しい挑戦を、またこの作品と一緒にしていけたらいいなと思っています。
どうぞよろしくおねがいします!

2021/11/11

イベント参加情報



先日のブログでは新刊の話を色々書きましたが、今回はイベントの参加情報諸々です。

通販について

コロナの新規感染者数も大分減ってきたとはいえ、まだまだ楽観視出来ない日々が続いております。
イベント参加はまだ不安だなという方にもちょっとでもイベント気分を味わっていただけたらいいなと思い、今回もイベント前日発送を行います!
→ご注文はこちらから。
※前日発送対象:2021/11/12-2021/11/19にご注文いただいた分
※新刊を含まないご注文については、上記の期間であっても随時発送します。

お取り置きについて

コミティアOR文フリのイベント会場でご購入を検討されている方は、お取り置きも可能です。
→こちらのフォーマットからご連絡ください。
※依頼締切:2021/11/20
※上記FMT以外からご連絡いただいた分は無効とさせていただきます。
※『鳴き沙のアルフェッカ』『外つ国のゲンマ』は、お取り置き依頼を頂いた冊数のみ搬入します。

2021/11/21:COMITIA138

日程:2021/11/21(日) 11:00〜15:00
場所:東京ビッグサイト青海展示棟A・Bホール
ブース:M08b


2021/11/23:第三十三回文学フリマ東京

日程:2021/11/23(火祝) 12:00〜17:00
場所:東京流通センター 第一展示場
ブース:カ27
ウェブカタログ


よろしくお願いいたします!

2021/11/09

牙卵新刊出ます!



ようやく…ようやくお目見えできました。「のっぺらぼうと天宿りの牙卵 奥台・御晴野編」弐の上!!!
上?上って何なの?これだけ引っ張っておいてまだ完結してないってこと?下は?上下巻になるけど同時刊行予定とかTwitterで言ってなかったっけ???あれは嘘だったわけ???
嘘でした…、結果的に…、ごめんなさい……orz
いや、不眠症の入り口に立つあたりまで頑張ったんですけど…、原稿と健康とを天秤にかけて、健康を取りました…すみません…
作者が元気なら次があるもんね!病んだらそこで終わるけど!って思っていただけたら嬉しい。
結果的には、下巻を諦めたことで上巻の本文手直しにじっくり取り組めたし、帯やチラシや下巻の予告ペーパーなんかも作れたので、それはそれで楽しかったです。(予告ペーパーは、下巻刊行までの期間限定封入です)

下巻は2022年2月のコミティア合わせで刊行できるよう、鋭意製作中です。
あわよくば…、上巻の感想とか!考察とか!妄想とか!頂けましたらめちゃ頑張れると思うので…、ほんともしよかったらよろしくお願いします!

まあそれはそれとして!!
二年ぶりの書下ろし新刊です!!!
去年も「目覚め墨染めのうつし」「アカシア年代記」は刊行しましたが、どちらもWeb公開済みの作品を手直しして刊行したものだったので、完全新作は牙卵の前作ぶりとなります。
更に、「完結済みをうたっていた作品の続編を書くのが初めて」「未完結作品を公開するのが久しぶり」で、結構ビビっています。
ウェブ連載が主な活動だったころは、未完結作品の公開だからといってこんなにビビらなかったのになあ。

表紙は前作に引き続き、匙於ナゲルさんに書いていただきました!
いやほんと、ナゲル先生の絵の立体感がすごく好きで…。そこに『いる』感すごくないですか?
荒魂はまあお面が特徴的すぎるので人ごみに紛れるのは無理かもですけど、刻雨とかなんだか、電車乗っててふと隣見たらいそうな存在感じゃないですか?いたよね昨日近所の駅に(???)
しかも親の贔屓目(?)かもしれないんですけど、二人とも前作よりイケメン度が増してませんでしょうか。かっこよすぎじゃございませんでしょうか。
表紙データが届いた瞬間、マジでのたうちまわりました。わかってもらえます?だってどう見てもよすぎるでしょ…。
前作に引き続き、カバー裏も書いていただいています。前回の和風地図もすごかったけど、今回もナゲル先生の画風幅広すぎでしょ!?事案が炸裂しているのでお楽しみに…★
(超完璧に前作のおさらいができる内容の絵なので、前作既読の方は、購入したらぜひぜひすぐにカバー裏を見てみてください!)

それから、今回は結構長くなってしまったのと、固有名詞がガンガン出てくる関係で、ウェブで確認できるデータベースをご用意しております。
(旅譚とか廻り火とかの時に作ってたみたいなやつ)
URLと二次元バーコードを本誌に挟んであります。スマホでも確認できますので、よかったら読書のお供にしてください~!!

★頒布予定★
2021/11/21:COMITIA138(ブース:M08b)
2021/11/23:第三十三回文学フリマ東京(ブース:カ27)
※11/12頃からBOOTHでの通販受付も開始します。11/19までにご注文が確定した分は、11/20に発送予定です。
会場への持ち込み数を悩んでおり、BOOTH通販受付開始と同じ頃にアンケートを取ろうかなと思っています。ご協力いただけましたら助かります。
また、会場で購入予定の方には、取り置きのご案内もさせて頂きます。
そのへんはお品書き公開と合わせてご案内させて頂く予定。

はあ、、、
さて。。。。。。。

なんかなあ。本を出すたびに本当に思うけど、ちょっとでも楽しんでいただけたらいいなあ…。
下巻楽しみだなって思ってもらえる内容になっていたらいいなあ…。
基本的に、「趣味でやってる同人活動なので、私が楽しければそれでいいのですが???」みたいなスタンスで書いてはいるのですが、やっぱ読んでもらうからには面白かったって思ってほしいよなああああ~~~~~~~~~~
どうかそういう物語になっていますよーーーに!(神頼み)

2021/05/08

コミティア136とまだ出ない新刊のこと

お久しぶりのブログです。
えっと。もう意を決してタイトルにも書いたので結論から言うんですけど。

牙卵新刊、6月に出ません。
すみません…。

もともと刊行予定だった11月から、2月のコミティアは何事もなかったかのようにスルーして、さも6月には出すような顔をしていましたし自分もそのつもりだったのですが、まっっっっったく間に合いませんでした…。
いや、わかっているんだ。気に入らないシーンをいつまでもちまちま直していたって進まないってことは。
まずは気に入らない部分を見ないふりしてざっくり全体像を作って、それから手直しするのが私にとっての正解だってことは。
でも……。
今っていうときに踏ん張れないのが、コロナで生活環境が変わったせいなのか、それなりに年をとったせいなのかは私にもわからない…。なんにせよ結局は自分のせい…。
実際に刊行できるのが、夏になるか秋になるか、その頃世の中がどういう状況になっているかはわからないのですが、でも絶対いつかはお届けするので、見捨てずお待ちいただけましたら幸いです…orz

……という報告を、しなきゃな~しなきゃな~~~と2週間くらい前から思っていたのですが、なんだかずっと逃げてしまっていて。
あまりにも書けないことで、なんだかどんどん自分の作る物への自信を失ってしまっていたというか、いや、きっと大抵の人は「続編出たなら読もうかな」というくらいの温度感だよなって思っていて。勿論そう思っていただけるのは、それだけでもものすごく嬉しいことなのですが、つまり、「刊行時期はいつでもいいってことだよな」って自分を甘やかしてしまっていたところがあって。
でも先日、続きを待ってくださっているという旨のメッセージをくださった方がいらっしゃって、ひとりでも待っていてくださる方がいらっしゃるなら、出来る限りのベストのタイミングで世の中に出そう、という決意を改めることができました。
本当に、本当にありがとうございます…!(お待たせしてごめんなさい、更に、諸々ご配慮いただいて本当にありがとうございました…!)

コミティア136については、現状開催の見込みとのことです。5/10にはブース位置もわかりそう。
昨年11月のコミティアにも参加させていただきましたが、運営様の方でしっかりとした感染症対策をとっていただいておりますし、参加したいなあという気持ちもありつつ、ただ、新刊を出せるわけでもないので、見送ろうか、どうしようか、現状迷っているところです。
参加するなら、テキレボで販売した四作品(アカシア、うつし、牙卵、ヒライス)の他に、久々にかんむり座も持参しようかな、とか、せめてペーパー代わりの書き下ろし短編でも作ろうかな、とか考えていますが、まだ未定。
イベントで配るチラシもちょうど切らしてしまったので、せめてそれだけでも印刷かけようかな…。
(ふつうによく見かける感じのペーパー(作者からのお便り的なやつ)を作ってみたいという気持ちもあるが、何を書けばいいのかわからないのだ)

御晴野編、いつお目見えできるのだろうか。
御晴野編が無事に終わったら、実は、山護がはじめから存在しない山の話とか、生き別れ(死に別れ)の荒魂の姉の話とか、仁駱山に現れた偽神鹿の話とか、ほぼ作者の二次創作に近い現代編(本編の四百年後くらい妄想)とか書きたいものたくさんあるんですよね…。(本にするかはわからないけど)
牙卵とは全然関係のない新作の妄想もあるし……。
うん……、でも大風呂敷を広げる前に、まずは今書いてるのを頑張ります。

2021/02/08

2021年前半のイベント参加について

当面のイベント参加予定についてまとめます!!

【オンライン】2021/2/21:COMITIA135(エアコミティア)
この日のリアルイベントは中止となりましたので、Twitter上のエアコミティアにのみ参加します。
・ご注文:こちらからお願いします。
・発送:ご注文いただいた後、大体2日以内には発送させていただいております。
・頒布対象:BOOTHで取り扱っているすべての作品が対象です。

【オンライン】〜2021/3/21:Text-Revolutions Extra2
受付期間の延びたテキレボEX2には引き続き参加させていただいております!
・ご注文:こちらからお願いします。
・発送:4月半ば以降、運営様より随時発送されます。
・頒布対象:以下となります。
 *『アカシア年代記』¥600
 *『目覚め墨染めのうつし』¥400
 *『短編集ヒライス』¥600
 *『のっぺらぼうと天宿りの牙卵』¥600
 *『のっぺらぼうと天宿りの牙卵・前兆本』¥0 ※残部僅少のため、欠品の可能性あり。
 *短編三作品おまとめセット¥1,500

【リアル/当落未定】2021/6/6:COMITIA136
6月には、コロナちょっとは落ち着いてると良いね……。どうか…頼むよ……。
当落未定のため、落選の可能性もあります。
・場所:東京ビッグサイト青海展示棟A・Bホール
・頒布対象:以下の予定です。
 *『のっぺらぼうと天宿りの牙卵・弐』単価未定
 *『アカシア年代記』¥600
 *『目覚め墨染めのうつし』¥400
 *『短編集ヒライス』¥600
 *『のっぺらぼうと天宿りの牙卵』¥600

牙卵の続編を、できれば6/6のイベントで…今度こそ…頒布できたら良いなと思っています…!!!
がんばる…!!!!!
続きものだし、前作以上に長くなりそうなので、初版はそんなに沢山刷らないつもりです。
ここだけの話、上下巻になる、たぶん、なる。(上下巻セットで刊行&販売予定)
前作を読んで、面白いな、続き読みたいなって思ってくださった方にだけお手にとっていただけたら良いな。
落選したときのことは、落選したときに考えます…。

尚、5/16の文学フリマ東京は参加しないことにしました。その時点では新刊もないしな…と思って。

今は兎にも角にも、新刊準備をがんばります。
そう、麒麟に狂ったりFit Boxingに狂ったりしていますが、原稿もちまちま頑張ってます…。
がんばってるんだけどな…なかなか進まないのだよな…。
うう、……。

2021/01/09

Text-Revolutions Extra2スケジュール変更について

現在参加中のオンラインイベント、「Text-Revolutions Extra2」についてのお知らせです。
詳しくは主催さんのTwitterで告知されていますが、スケジュールが変更となりました。

購入期間:3/21まで延長
商品の送付期間:4月半ばまで後退

そのため、現在テキレボの購入サイトからご注文を頂いても、本がお手元に届くのは4月中旬以降となります。

コロナめ〜〜〜〜〜!!!!!

残念ではありますが、致し方ないよな…。というのが正直な感想です。
刻一刻と状況の変わる昨今、状況に合わせて柔軟に対応を変えるのが大事。うむ。
当方といたしましては、以下のようにしようと考えています。

・テキレボ参加は辞退せず、このまま出店し続けます。
テキレボでご注文を頂いた作品につきましては、テキレボのスケジュールに従って発送させていただきます。
今のところ、テキレボで出品している本はいずれも豊富に在庫があるので、欠品はおそらく出ないんじゃないかなと思っています。

・出品物は変更しません。
出品作品は現状のとおりで、増減の予定はありません。
(牙卵の続編は、5月刊行を目指して制作しております。今回のテキレボでは取り扱いません)

・テキレボのご注文キャンセルは、ご自由にどうぞ。
在庫確保の観点から、テキレボでご注文いただいた分はなるべくキャンセルしてほしくない、という出店者さんもいらっしゃるようですが、当方は先述の通り在庫が豊富にあるため、特にテキレボ用の在庫確保などは行わない予定です。
ですので、キャンセルなどもご自由にしていただいて構いません。(キャンセル方法はテキレボ主催様から届いているメールなどをご確認ください)
勿論せっかくのご縁なので、ご興味を持っていただけた本については、いつか何らかのタイミングで手にとっていただけたら嬉しいですが…!

・テキレボ関連の宣伝はしばらくお休みします。
長期間宣伝し続けるのは疲れてしまうので、1/9の宣伝を最後に、しばしお休みします。
3月に入ったら再開するかもです。

こんな感じかな……。

BOOTH通販は引き続き行っております。
BOOTHではテキレボには出品していなかった、かんむり座シリーズや写真本も扱っておりますので、よかったらあわせてご利用ください!
送料はかかってしまいますが、商品自体は、テキレボと同じ金額で頒布しております。
近所のPUDOの当日受付締切が15時なので、大体午前中にご注文いただいた分は当日中、それ以降は翌日くらいまでには発送しております。
外出自粛期間のおともにしていただけたら、とても嬉しいです。

本年も引き続き、コロナに翻弄されそうではあるけれど、……みんな、強く生きような!

2020/12/31

2020年を振り返る

2020年も最後の一日になりました…。
で、修羅場真っ最中のはずの私が、何故悠長にこんな振り返りブログを書こうとしているかと言うと、ええ、はい、

二月の新刊落とします(再)

す、すみませ…、やっぱもうちょっとじっくり取り組みたくなりまして…。
『のっぺらぼうと天宿りの牙卵・弐 奥台御晴野編』、五月の文フリ&コミティアからの頒布にしたいと思います。
五月のコミティアあるのかな…。オリンピックのこともあるせいか、まだ開催発表されてないですよね…。開催されると信じたいが…。
もうちょっと練り練りしてからどどーんと刊行させていただきたい、させていただけるはず、です、ので、今しばらくお待ちくださいませ。
(二月のコミティアには、応募はしていますが、参加するかは現状未定です。コロナの状況次第かな…)

で、改めて2020年の振り返りをば。

牙卵のPVを作ってみたり、万国向け旅のしおりを作ってみたり、また当たり前に今までどおりの一年が始まると信じていた一月。
中国が大変なことになっているらしい。怖いな、なんて思い始めた二月。
そこからの怒涛の新型コロナフィーバーに全人類が飲み込まれている内に、あっという間に終わってしまった一年だったなと。

創作面、久しぶりに一作品も完成させられずに一年が終わってしまったのが本当に残念…。
(辛うじて、『外つ国のゲンマ』の番外編を書いた程度…)
曲がりなりにも「小説」を書くからには、物語として面白いって思ってもらえるものを書きたいとか、少なくとも自分はそう思えるものを書きたいとか。
誰にでも受け入れてもらえる作品を作ることなんて無理だけれど、でもただの自己満足で終わる以上のものにしたいっていうのが、私の最大の自己顕示欲なんだと改めて思い知ったとか。
そんなこんなを考えている内に、一年経ってしまっておりまして…。
まあ、でも、本当にいろいろと思うところのある一年でした。

ただ、既出作品ではありましたが『目覚め墨染めのうつし』『アカシア年代記』を本という形にでき、いろんな方の手にとっていただけたのは嬉しかったです!
表紙や挿絵/扉絵を書いてくださった山月まりさん、万寿さん、本当にありがとうございました…!
おかげさまで、とっても素敵な本にすることができました。

それからこの一年は、『辻宣』『KITAB』『辻宣2』『KITAB2!』と、微力ながら、創作関係の宣伝企画なども行いました。
もともと創作は、「作品作り」「読者からのFB」以外に、「プロモーション」も楽しんでいるタイプの人間なので、どうやったら最小の工数で沢山の人を巻き込めるか、どうすれば歩留まり率を下げられるか、 どんな情報をどんなふうに届けるのがいいか、どうしたら情報誌としての価値をあげられるか、考えるのがとても楽しかったです。
特に『KITAB2!』では、裕太さんと井中さんという超強力な主催メンバーをお迎えすることができ、私一人で主催したのでは絶対にできなかったであろう規模のウェブマガジンを作ることができました。
主催以外にもコラムの執筆やカットの制作、作品紹介情報の提供やキャッチコピー、校正、宣伝、アンケートなどなど本当にいろんな方にご協力いただきました。
おかげさまで、こんな時代だけれども、こんな時代だからこその、貴重な経験をさせていただけたんじゃないかな、と。

2021年はどんな一年になるかな。
わくわくしてもいられない世の中だけれど、コロナとうまく付き合いつつ、創作面でも充実した一年にできるといいな、と思います。
本年も大変お世話になりました。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

2020/12/26

Text-Revolutions Extra2に参加中です



なんかこういうふうにしたら…読んでもらえるってネットで見ました…(?)
ジャンルはゴシップではなくハイファンタジーです。いや、国家の陰謀とかそういうのは…ある意味ゴシップネタか…?
(一応ゴシップ誌じゃなくビジネス誌っぽいレイアウトを目指したつもり)

前回のブログのとおり、Text-Revolutions Extra2に出店しています。
当方の参加作品は、以下6点。
『アカシア年代記』¥600
『目覚め墨染めのうつし』¥400
『短編集ヒライス』¥600
『のっぺらぼうと天宿りの牙卵』¥600
『のっぺらぼうと天宿りの牙卵・前兆本』¥0
短編三作品おまとめセット¥1,500
「里見透」で検索していただくと、上記6点と、以前参加させていただいたアンソロジー Nova Horizontoが出てきます。
どうぞよろしくお願いいたします!

そしてメモ代わりに、買うって決めている本を羅列しておきます。(増えるかも)
ふふ、原稿終わったら読むぞ〜〜〜!(しかしいつ終わるんですか・・?)

『ノエルの花束』凪野基様
凪野さんの新刊。迷わず買いでしょう。
『天翔る狼の標徴』井中まち様
一冊完全単独で読める井中さん作品!表題作はめちゃバイオレンスらしい。楽しみガクブル。
『海王の船団』JAMIE様
この方の作品はまだ拝読したことがないのですが、なんだかとても気になっています!まずは一冊完結のものから挑戦。
『魔女の婿取り』永坂暖日様
永坂さん作品の空気感が好き…。本作も楽しみ。
『アリエッタ』こうあま様
KITABに掲載させていただいたご縁で気になっていたのです!
『夜の国の物語』花野木あや様
以前SILFANYで作品を拝見してからずっと気になっていた作家さんです。
『隠者は払暁に眠る』泡野瑤子様
既に文フリで購入したので持っているのだけど。でも純粋に読むのが楽しみでおすすめしたくってここに書いとく。笑
『風牙の葬送』久遠マリ様
こちらも文フリで購入済み。この長さで堪能できる久遠さん作品ってめずらしいのでは。

あとこちらは、既読のおすすめ。

『ムーンライト・ミンストレル』泡野瑤子様
ほんとに好きなので、何度だって推したい。
『星に願いを、鏡に愛を』凪野基様
読み始めたら止まらない、夜更かし必至の本。後悔させない。安心して寝不足キメてください。
『竜の舞い降りる村』永坂暖日様
収録四作全部いい!!!!!!!
『スメルスケープ 〜幻想珈琲香〜』市瀬まち様
市瀬さんの言葉の連ね方が本当にほんとーーーーーーーーーに好き。珈琲と共に喫してください。テキレボ以外の通販手段がない本なので、絶対ここで入手しておくべき!!!
『闇守護業 禍の紅い星』祐太様
圧倒的ハイテンション!!!破壊衝動に駆られるあなたに是非オススメ。
『民族・無国籍風ハイファンタジイアンソロジー Nova Horizonto』久遠マリ様主催アンソロ
私も参加させていただいたアンソロです。私の作品は…怖くて最近まで読み返せなかったんですけど…。それ以外の作品はみんなめちゃくちゃ素敵です!

2020/12/15

Text-Revolutions Extra2に参加します!



2020/12/26-2021/1/11:Text-Revolutions Extra2
上記イベントに参加します!!!!!
オンラインイベントです!
いろんな作家さんの本を!まとめて!買える!!!
何冊買っても手数料は変わらない!!
おまとめ買いのチャンスでございます!!!!!
当方も五作品エントリーしておりますので、ぜひご利用くださいませませ!!!!!

当方のウェブカタログは【こちら】!!!!!

はあ…

さて…

うわぁーーーーー

KITAB2!のレポを書きたいなーと思いつつあっという間に11月になり、

文フリ&コミティアのレポを書きたいなーと思いつつあっという間に年末だよママァーーーーー!!!!!

いや…あの…牙卵弐の原稿真っ最中で……、最近仕事もなかなか忙しくて……キェェェェ
テキレボ期間中も、あんまり宣伝している余裕はないかも…しれないですが、あわよくばどなたか、お目に止めてくださったら嬉しいな…(T_T)
今回のテキレボEXは、仕分け作業もお手伝いさせて頂く予定です。楽しみ!!!!!
(その前に原稿を倒さねば……!!!!!)

2020/11/10

文学フリマ東京&COMITIA134に参加します!



2020/11/22:第三十一回文学フリマ東京 ブース位置:キ38
2020/11/23:COMITIA134 ブース位置:ふ01b

上記イベントに参加します!!!!!
久々のイベント!コロナ対策もしっかりしつつ、思いっきり楽しみたいです〜〜〜〜〜!
(一番の心配は2日間体力がもつのかってとこですが…)

文フリのウェブカタログはこちらです。

Topics
オフラインイベント初売り本
牙卵新刊予告本
事前取り置き
PayPay導入

★Topics 1


『アカシア年代記』『目覚め墨染めのうつし』、
ついに!!!オフラインイベントで!初売りです!!!
どうレイアウトするか迷った末、大きいポスターは作っていないのですが、ブース左右の両壁!みたいな感じで売り出したいと思います。ふふ。
イベント搬入数はいつもめちゃくちゃ悩むのですが、今回ほんと読めなくて…。足りないより余るほうがいいや!の精神で、ドカンと大量に持ち込みます。
たくさんの方にお手にとっていただけたら嬉しいな〜〜〜

★Topics 2


えーーーーー、前回のブログのとおりですね、牙卵の続編新刊は落としたんです…けど……
今回のイベントで、続編の予告本、『前兆本(まえぶれぼん)』を無料配布します!!!
正式タイトル、『のっぺらぼうと天宿りの牙卵・弐 ──奥台・御晴野編── 前兆本』です! (ただでさえタイトル長いのに、更になにか付けた上になんでふりがななきゃ読めないようなタイトルにしたんですか?)
これね、これね、なんとね、ナゲル先生の書き下ろしイラストが表紙なんですね!後日刊行予定の続編の表紙とはまた別なんですね!!!表紙だけ豪華!!!!!!!
内容としては、続編の序章と、一章の初めの方(前作のおさらい内容部分)が載ってます。
イベント会場で、当日その場で牙卵無印本を購入してくださった方と、「前作読んだよ!」と声をかけてくださった方にお配りする予定です。
正直ほんと表紙は豪華だけど、単に「せっかくの久々のオフラインイベントだからなにか全く新しいものも置きたい!!!」という気持ちだけで作った本っていう感じなのですが、よかったら入手してくださいませ!!!
ご時世柄、イベント行くのは無理だな〜という方も勿論いらっしゃると思いますので、11/22の夜にBOOTHでPDFも無料配布を開始する予定です。
(冊子自体の通販をするかどうかは、イベント後の在庫状況をみて検討します。ただ、その場合は無料ではなく¥100+送料とかになってしまうかと…すみません)

ちなみにこちら、11/21にうちに届くっていう超ギリギリのスケジュールで印刷をお願いしているので、なにか不備があったらイベントに持ち込めない可能性も…ある……。
無事に届くことを祈っていてください……

★Topics 3
事前取り置きを受け付けます
イベントでお買い物したい!けど現場での活動は最小限に抑えたい!という方もいらっしゃるかな〜と思ったので、事前取り置きも受け付けます。
上記FMTからご連絡いただいた分は、まとめてビニールで梱包してお渡ししますので、よかったらご利用ください。
締切は2020/11/21まで。
また、以下の本は事前取り置きでご連絡いただいた冊数しか会場に持参しません。
購入をご検討の場合はご注意ください〜〜
【対象】
『外つ国のゲンマ』
『鳴き沙のアルフェッカ』
『風浪のヌサカン』

★Topics 4
PayPay支払いを導入します
これは正直、コロナ関係なく前々からやりたいなーと思っていたことなんですが…
現金のやり取りが面倒&不衛生なので、PayPay支払いを導入予定です。友人同士で送金する時の画面を使ってお支払いいただけます。
普段からPayPayに慣れていらっしゃる方、ぜひぜひご利用ください!

さてさて!!!
そんなこんなで、イベントめーーーーーーーーーっちゃ楽しみにしてます!
当日、何卒宜しくお願いします!!!!!

<< 前のページに戻る